Webデザイナーになろう

著作権・免責事項等について
プロフィール
ホームWebデザイナーになるためにWebデザイナーになってみた(体験記)
ホーム > Webデザイナーになってみた(体験記)
会社への疑問
転職を考える
スクールを見学
スクールに通う(基礎クラス)
スクールに通う(応用クラス)
スクール最終日
下積み生活
独立
独立
先生と共に行動を始めて1年半、先生がスクールとの契約を打ち切ることになりました。我々のチームもそれと同じタイミングで解体し、それぞれ独立して行くこととしました。
私は自宅で制作作業を行う傍ら、それまでの先生と共に過ごした経験を生かして他のスクールでの講師を務めることとなりました。念願の定期収入です。今までは当然ながら制作をしなければ報酬はもらえないという状態でしたので、定期的な収入は本当に待ち望んでいたものでしたしありがたいものでした。心理的な不安が取り除かれたのを覚えています。

自分が「Webデザイナーです」と名乗り始めたのはおそらくこの頃からだったと思います。チームで行動をしていた頃ももちろんWebデザイナー的な仕事をしておりましたが、自分の中での「Webデザイナー」の判断基準に到達したのは先生から独立をしたこの頃でした。自分ひとりで作業ができるようになってはじめて「デザイナー」と名乗っても恥ずかしくないのだと思いました。

こうして私はWebデザイナーへと転身をすることができました。一般的にはスクールに通い始めてから1年ほどでプロのWebデザイナーとして活躍される方が多いなか、私は2年以上もの歳月をかけて、ようやくWebデザイナーとなることができたのです。
これからWebデザイナーを目指している方の中には不安でいっぱいの方もいらっしゃると思います。美術系の勉強の経験は皆無だが大丈夫だろうか、就職するにしても年齢制限があるのではないだろうか、果たして自分にできるのか、など。不安に思うということ、よく分かります。私もスクールを出たばかりの頃は全く自信がありませんでした。ですから先生と共に行動をする道を選び、他の方よりも多くの歳月をかけての独立となったのです。

私から皆さんにお伝えできることは「大丈夫ですよ」ということです。私ができたのですから皆さんにできないわけがないと思うからです。「Webデザイナーになりたい!」そう思う気持ちがあれば、きっと夢は叶うと思いますよ。

さぁ、夢に向かって頑張ってみませんか?
「下積み生活」へ戻る
ページトップへ戻る
写真家 安西祐輔 オフィシャルWebサイト 東京デザインプレックス研究所 雑誌購読ドットコム