Webデザイナーになろう

著作権・免責事項等について
プロフィール
ホームWebデザイナーになるためにWebデザイナーになってみた(体験記)
ホーム > Webデザイナーになるために
Webデザイナーとは
Webデザインを勉強するには
必要な知識・技術
必要な環境(ハード)
必要な環境(ソフト)
おすすめのパソコン
求職の方法
必要な知識・技術
これまでに触れてきた様々な理由から、一概に「これだけ身につければ大丈夫!」とは言えませんが、対象がWeb初心者であることと、最終的にどのような制作環境に身を置くのかが分からないということを考慮に入れつつ、現時点での一般的なWebデザイナーにとって必要な知識・アプリケーションを挙げてみました。あくまでも「個人的主観」であることを強調しておきます。

必須
言語 アプリケーション
・HTML
・JavaScript
・CSS
・Adobe Photoshop
・Adobe Dreamweaver
・Adobe Flash

使えるとなおよい
言語 アプリケーション
・PHP ・Adobe Illustrator

知っている・持っていると役立つ
言語 アプリケーション
・CGI
・SSI
・XML
・Adobe InDesign
・Adobe Acrobat
・Microsoft Excel
・Microsoft Word
・Microsoft PowerPoint

HTMLは手書きが可能なくらいに知識を深めておくとよいと思います。たとえばDreamweaverを使用すればHTMLを理解していなくとも自動的にタグを生成してくれるので、もしかするとHTMLの知識は不要と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に仕事となるとHTMLの知識がなくては非常に厳しいです。「HTMLタグが分からない」ということになると、まず、現場に出て困ることになるでしょう。
また最近ではHTMLを使用せずにCSSのみでWebサイトを構築することがほとんどです。よってCSSの知識は必須です。

画像の編集用のソフトとしてAdobe Photoshopは外せません。Illustratorは無くても大丈夫なことが多いですが、PhotoShopはWebサイトを制作するうえでの基本中の基本ですのでおさえておきましょう。

InDesignはDTP用のアプリケーションですので知識としては必須ではありませんが、紙(DTP)のデータを元としてWebサイトを制作することも多々あります。渡されたデータから制作に必要なテキストや画像を取り出す必要があるわけですが、InDesignの使い方を知らないことには、これがなかなか厄介です。一般的なWebサイト制作に慣れた頃に、InDesignの勉強もしてみるとよいかと思います。

またExcelやWord等の所謂「Office」ですが、これもデータをやり取りする際に頻繁に使用されるであろうと予想されます。「使える」必要はないとは思いますが「持っていた方がよい」アプリケーションだとは思いますので挙げさせていただきました。

アプリケーションは非常に高価なものですが、Webサイト作成の際には必要不可欠なものです。なかなか手が出にくい価格であろうことは否めませんが、「Webデザイナーになって元を取ってやる!」というくらいの気構えでいるといいのかもしれません。
上に上げた多くのアプリケーションがセットになっている「Creative Suite 5 Web Premium」というパッケージもあります。各アプリケーションを単体で購入するよりもかなりお得な値段で提供されています。検討してみてはいかがでしょうか。

「Webデザインを勉強するには」へ戻る 「必要な環境(ハード)」へ進む
ページトップへ戻る
写真家 安西祐輔 オフィシャルWebサイト 東京デザインプレックス研究所 雑誌購読ドットコム