Webデザイナーになろう

著作権・免責事項等について
プロフィール
ホームWebデザイナーになるためにWebデザイナーになってみた(体験記)
ホーム > Webデザイナーになるために
Webデザイナーとは
Webデザインを勉強するには
必要な知識・技術
必要な環境(ハード)
必要な環境(ソフト)
おすすめのパソコン
求職の方法
Webデザイナーとは
Webデザイナー、簡単に言えば「Webサイトを制作する人」ということになるのでしょうか。「じゃあ具体的にはどんな作業をしているの?」と言われると、その説明が実に難しいんです。時代と共にその守備範囲はどんどん広くなっていくし、制作会社によってもその範囲は様々ですので。よって一口に「Webデザイナーとはなんたるか」ということを説明するのは難しいんですね。

Webデザイナーとアプリケーション
私がこの業界に入った1990年代中期は、グラフィックソフトを使って画像を作ることができて、それをHTMLを駆使してWebサイトとして形作ることができれば、それすなわち「Webデザイナー」でした。HTMLの講義を1〜2時間ほどやって日給●●万円だったりした時代です。その頃のWebデザイナーはHTML、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、GifBuilderなどを使用してWebサイト作りに励んでいました。90年代後半にかけて、現在のWeb制作環境を形作ったと言える画期的なアプリケーションソフトが登場しました。Macromedia Flash、Macromedia Dreamweaver、Macromedia Fireworksの登場です。特にDreamweaverとFireworksの登場によって、Web制作はそれまでの「HTMLに精通した一部の人間」だけでなく、Webを生業としていない方々に対しても大きく門戸を開くこととなったのではないでしょうか。簡単に言えば「そのへんのおじさん(失礼!)」でも簡単にWebサイトを作ることができるようになったということです。「ということはそのPhotoshopやらDreamweaverやら、そんなアプリケーションを使うことができればWebデザイナーになれるの?」うーん、これがまた難しい。確かにWebデザイナーになるためにはそれらのアプリケーションの操作は必須と思います。しかし逆にそれらアプリケーションを使うことができるからと言って「イコールWebデザイナー」とは言い切れないと思います。確かに上記アプリケーションの登場によりWebの制作作業そのものは比較的簡単になりました。しかしそれと平行してWebデザイナーの守備範囲もどんどん広くなっているんですね。なぜかって?それはWebデザイナーが進化している、というよりは、Webサイトそのものの役割に大きな変化が見られるからです。

変わり行くWebサイトとWebデザイナーの役割
かつてのWebサイトの多くは「インターネット上に掲載しているチラシ」的なものが大多数を占めていましたが、最近のWebサイトにはチラシ的効果(前述のチラシとは多少異なる)に加え、経済効果を生み出すという重要な役割を期待されることが多いです。ここで言う「経済効果」とは「Webサイトを介して直接商品を購入する」ということのほかに、サイトを通した「ブランディング」などの役割を含みます。たとえばスニーカーなどを買う場合、スニーカーメーカーのサイトを閲覧して、とてもいい印象を抱いて、その印象を持ったまま路面店で購入、なんて流れを生み出すということです。Webサイトの出来栄えの良し悪しで、その企業の業績を左右してしまうかもしれない、ということです。
話を戻します。まず「直接商品を購入させる」サイトを構築するためには、かならずやCGI等プログラミング言語の知識が必要となります。Webデザイナーが直接プログラムを組むのではなくとも、プログラマーとのやり取りの際にその知識が必要となります。またブロードバンドの普及に伴い、Web上での映像や音楽等の発信も行われるようになりました。そのようなコンテンツを扱うサイトに関わる場合、Webデザイナーには映像や音楽を編集(変換)する知識・技術までもが必要となるでしょう。
さらにはこのようなケースも想定されます。所謂「下請け」として制作作業を行わねばならない場合です。もちろんあなたの会社(チーム)の規模に大きく左右されるということが前提ではありますが、WebデザイナーがWebサイト構築のためのプランを提出したり、さらには外注さんを取りまとめるためにディレクター的な役割を兼ねなければならないというようなことも、考えられうる事象です。
こうなると、HTMLに関する知識があり、グラフィックソフトを扱ってWebサイトを構築することができるという一昔前の「Webデザイナー」の守備範囲を持ち合わせているだけでは厳しいと言わざるを得ないのが実情です。昨今の「Webデザイナー」とは、所謂「Webまわりの何でも屋」的な役割となってしまっているのかもしれません。
「Webデザインを勉強するには」へ進む
ページトップへ戻る
写真家 安西祐輔 オフィシャルWebサイト 東京デザインプレックス研究所 雑誌購読ドットコム